貿易関連の仕事に就く|あらた監査法人に採用されるためのコツ|実績の高い会社に勤めよう

あらた監査法人に採用されるためのコツ|実績の高い会社に勤めよう

貿易関連の仕事に就く

スーツを着た女性

国際化とともに人気上昇

日本は「貿易立国」という呼び名もある通り、輸出入が国の経済を成長させる原動力となっています。それだけに、貿易に関する専門知識を持つ人材は商社、物流業者、倉庫業者、メーカーなど幅広い業種で歓迎されます。こうした企業にはそれぞれ貿易事務部門があり、海外の取引先との交渉や税関当局への手続き等を担当しています。グローバリゼーションによる国境を越えた物流がますます盛んになる昨今、貿易事務に関する資格を持っていれば、就職の際に大きなアピールポイントとなります。貿易事務に関する国家資格は今のところ通関士というものがありますが、これは通関業務という貿易事務の中でも特化した一部門に関する資格です。貿易事務一般ということになると、貿易実務検定という検定資格がよく知られています。

知識は起業にも役立つ

貿易実務検定は、貿易事務に関わる一般的及び専門的知識、並びに貿易事務に必要な英語力を認証する資格です。民間資格ですが、1998年のスタート以来10万人以上が受験している人気の資格です。貿易実務検定では、貿易の基本的な仕組みはもとより、税務・法務・為替・保険など輸出入にまつわるさまざまな知識に関する理解度が試されます。就職に備えてというばかりでなく、個人輸入代行業などを自ら立ち上げる目的で資格取得を目指す人もいます。貿易実務検定はA級・B級・C級の3つのレベルの分かれており、受験資格に制限はありません。最高レベルのA級は合格率が10パーセントにも満たない難関ですが、合格するとキャリアアップにつながるチャンスが得られるとしてすでに貿易関連企業で働いている人たちの間でも人気があります。